This wiki is about 0.17, the current experimental version of Factorio.

Information about 0.16, the current stable version of Factorio, can be found on stable.wiki.factorio.com.

In other languages: Česky Deutsch English Français Русский Українська 中文

ロボットステーション

From Official Factorio Wiki
Jump to: navigation, search
Roboport.png
ロボットステーション

Roboport entity.png

レシピ

Time icon.png
5
+
Advanced circuit.png
45
+
Iron gear wheel.png
45
+
Steel plate.png
45
Roboport.png
1

トータルコスト

Time icon.png
455
+
Copper plate.png
225
+
Iron plate.png
180
+
Plastic bar.png
90
+
Steel plate.png
45

レシピ

Time icon.png
5
+
Advanced circuit.png
45
+
Iron gear wheel.png
45
+
Steel plate.png
45
Roboport.png
1

トータルコスト

Time icon.png
657.5
+
Copper plate.png
630
+
Iron plate.png
360
+
Plastic bar.png
180
+
Steel plate.png
45

マップ上での表示色

耐久力

500

耐性

炎ダメージ: 0/60%
衝撃ダメージ: 0/30%

最大スタック数

10

寸法

4×4

待機電力

50 kW (電気)

Robot recharge rate

4×1.0 MW (電気)

Internal buffer recharge rate

5.0 MW (電気)

Energy capacity

100 MJ

掘削時間

0.1

供給範囲

50×50 tiles

Construction area

110×110 tiles

Prototype type

roboport

Internal name

roboport

必要なテクノロジー

Construction robotics (research).png
Logistic robotics (research).png

製作可能設備

Assembling machine 1.png
Assembling machine 2.png
Assembling machine 3.png
Player.png

ロボットステーション(Roboport)建設ロボット物流ロボットたちの休憩所。50x50タイルのエリアを張り、物流ロボットが物流ネットワークエンティティ、たとえば貯蔵チェスト要求チェストと関われるようにする。加えて、110x110タイルの、建設ロボットが構造物を修復/建設/除去できるエリアも作り出す。ロボットステーションか物流ゾーン内の物流チェストへとマウスオーバーすることで、エリアが可視化される。

  • 小さいオレンジの四角が物流ネットワークの範囲で、物流/建設ロボットの両方が動ける。
  • 大きいの四角が建設ネットワークの範囲で、建設ロボットだけが動ける。

ロボットステーションの範囲内にいるプレイヤーのインベントリから宙に放たれたロボットは、最寄りのロボットステーションを探して充電・休息する。

オレンジの物流エリア境界線を接触させることで、2つ以上のロボットステーションを繋げてロボットネットワークを構成できる。これは2ステーション間の破線で確認できる。例は右下。接続されていないロボットステーション間ではロボットは共有されない。

2つのロボットステーションがつながって1つの物流ネットワークを構成している。黄色い破線が接続成功を示してくれるのがわかる。

ストレージ

ロボットステーションは、ロボット用のスロットを7つに加えて、リペアパック用にもう7スロットを持つ。ロボットとリペアパックは、インサータを用いてロボットステーションに出し入れできる。ロボットステーション内のリペアパックは、そのロボットステーションが属する物流ゾーン内の全ロボットと要求チェストから利用可能。建設ロボットがリペアパックを与えられると、ロボットステーションの範囲内にあるダメージを負った構造物全てを自動的に修復する。

ロボットステーションがロボットでいっぱいの時、休憩しようとしていたロボットは別の利用可能なロボットステーションがないか探す。

電力利用

ロボットステーションは4つの充電器を持ち、飛んでいるロボットを充電する。狭い範囲により多くのロボットステーションを置くことで、大量のロボットが充電を必要とする場合に充電スループットを向上できる。充電待ちのロボットはロボットステーション周辺をただよい、順番待ちをする。

ロボットは、完全に充電されない限り、ロボットステーション内部での休憩に入らない。充電が不十分ないしは切れたロボットも飛び続けるが、とてもゆっくりとしか動けない。

関連項目